« CHIHO初のソロライヴへ!(AP新聞 4/22) | トップページ | CHIHO Around the world !? »

2013年4月24日 (水)

AP新聞4/24

923292_454687227951458_901503778_n
AP新聞によると、CHIHO初のソロライブのflyerのCHIHOの胸元の露出が余りに艶めいているため、悶絶⇒直視できない、という感情にかられて、フライヤーの胸元を折りあげてしまう男性が多発しているとのこと。

この案件に関してArtisticPantie(以下AP)主宰のモカティーナ氏は「わたしは関与しておらず詳細は知らない気がする、それよりもまもなく自身の連載、FDFの第二話が掲載されるので、熊田の胸元よりもそちらに注目していただきたい」と自分押しのコメント。

しかしFacebookによると、フライヤーのデザインを担当したacco氏が、CHIHOに「もっと色っぽいフォントはないか」と要求され「だったらもう脱ぐしかない」と返事をしたという旨の投稿をしており、そこからも悩殺へ向かう確信的なベクトルはあったのかもしれない、しかし、多発ではない、公開収録に参加したファンはみなCHIHOの胸元にさしたる興味は抱いていなかった、むしろ彼女の音楽性の新しい可能性に強く興味を抱いていた、と、予告映像公開録画に参加したフクロウのモロゾフ氏は言う。

掲載された写真は、数日前に乃木坂のオウルウェイズというお店で発見されたもの。
CHIHOと親交がある知人のH坂氏が、遊び心で提案し、実際に折り上げたのはスギタという従業員である、H氏は悩殺など一ミリもされていなかったと、店長のキッチンイトウはそう証言している。また店の代表であるR子氏は「うちはイチゲンサン入れてないけん」と、入口で記者をシャットアウト、その後R子さんに「ホタルイカ食べる?」と優しく扉越しに話しかけては貰えたものの、そら豆が苦手な当記者は「ときめき春プレートを注文しないならこれ以上話さない」とキッチンイトウに蔑まれ、ついに真相を解明することはできなかった。

従業員のスギタと、AP主宰のモカティーナはコインの裏表と言っても過言ではない付き合いのはずだが、モカティーナ氏は「何も訊いていない、HP」と、関与を否定している。言葉尻に添えられたHPに関しても謎が残る。

当然のことながら、大スタアであるCHIHOからは何もコメントを貰えなかった。CHIHOは「わたしはまだあまり人間のファンを獲得していない」と、大スタアを否認。なんでも親友であるムーミンとかいう女が勝手に自分をスタアに仕立てあげているのだとかなんとか。

ともあれ数日後にオンエアとなる、予告編Vを見れば、なにかがわかるのかもしれない、と、当記者は考えている。

熊田千穂がCHIHOとクレジットを変え、最近のヒットソングも歌うというこの流れと胸元になにか因果関係があるのか、注目が集まるところだ。
なお、折上がっていないフライヤーの原本は、モカティーナ、熊田千穂のブログ、Facebookで確認することができる。

ーAP新聞深読みコラムー

|

« CHIHO初のソロライヴへ!(AP新聞 4/22) | トップページ | CHIHO Around the world !? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CHIHO初のソロライヴへ!(AP新聞 4/22) | トップページ | CHIHO Around the world !? »