2013年5月 5日 (日)

予告編Vロングver公開(AP新聞5/5)

Img_7974

先日公開されたCHIHOライヴ予告編Vに、オマケVを加えたロングVerが存在することが明らかになった。

メイキング映像もしくはアフタートークと思われる2分程度のこのVは、
CHIHOの素顔にせまるファンにはたまらない企画…と思いきや、全力でモカティーナ・モカコが前に出てくる、「お前も出たいのかV」に仕上がっており、
CHIHOファンの熱い期待には応えてくれていない。
ファンの落胆をつゆ知らず、モカティーナは、関西でいうところの「いちびり」続ける。

オマケVはカメラBY CHIHOで始まる。
CHIHOは、黒子となり、ぬいぐるみ記者達を操作しながらカメラを回し質問用のカンペをもめくっていたという舞台裏のモカティーナをねぎらいカメラを向ける。

カメラが自分に向くやいなや、水をえた魚のように活き活きしだすモカコ。
しまいにはカメラアングルを変えてふたりで映ろうとする。

Img_7971
(↑問題のシーン)

カメラアングルを変えてからはCHIHOの宣伝タイムに入り、もはやそこにモカティーナは、あきらか必要ではないのだが、彼女はアングルからはけようとはせず、
よほど久しぶりに映像作品を作ったことが嬉しいのか、自らを「モカコディレクター」と呼び、悦に入っている。その様は見ているほうが恥ずかしくなるくらいである。

(※一体彼女はディレクターがなんとやらか理解しているのであろうか?)

当記者は直接モカティーナ・モカコに、
「これはCHIHOさんの宣伝Vなのにこれではあなたが前に出すぎではないか」と、訊ねたのだが、

「わたしが前に出て何が悪いのぉん?人生は出たとこ勝負や」

と、意味不明の発言をし、まったく悪びれる様子はなかった…。彼女はおそらく「やったもん勝ち」ということが言いたかったのだろう。

ステキな映像にこっそりクレジットだけ入ってるくらいが粋であるのに、
オマケVに全力で出演しようとするとは、いささか残念な主宰である。

しかしこの映像の中のモカティーナの発言によって、
この映像が「ねじリズム」主宰、鈴木祥二郎によって編集されたものであることが明るみになった。「続きはJZ Bratで!」は、どうやらねじリズムでお馴染みの「答えは劇場で!」のパクリモジリ、いわゆるパクモジであったようだ。

なおこのVのみどころは、ほんの数秒だけ流れるCHIHOが自分撮りをしているシーンであり、CHIHOファンであれば壇蜜の胸の谷間レヴェルの必見桃色時間heart02であることは間違いない。

これもまことに残念ながらパタパタと近づいてきたモカティーナによってあえなく終了してしまうのであるが…。

桃色蜜時は邪魔が入るくらいが丁度いいということだろうか。

ーAP新聞深読みコラム 2013.5.5ー


CHIHOライヴ予告編Vロングverはこちら!slate

| | コメント (0)

2013年4月28日 (日)

動画公開!!(AP新聞4/28)

AP新聞によるとようやく、前振りだけがやたらと長かったCHIHOライヴに向けての予告編映像が公開され、ライヴの全貌がどことなく明らかになった。
この予告編は、抽選に通った少数のファンのみが同席、そしてCHIHOに質問ができるという公開収録の形をとられていて、ファン達は、各々自分が気になっていることを全力でCHIHOにぶつけたようである。

また、この映像の撮影は演出家のモカティーナ・モカコによるものであるが、映像に対する知識の少なさと熊田の声の小ささもあって、音のレベルが非常に小さく、編集するのが非常に困難であったと、編集を担当したねじリズムの鈴木祥二郎は語っている。部屋で換気扇をまわしていたりテレビをつけていたりすると、ほぼほぼCHIHOの声が聞こえないほどの音レベルであるのだが、主宰のモカティーナは、
これはCHIHOの言葉や動きに観客を集中させるためであり「わざと」であったと見苦しい言い訳をしており、音が小さいことに対する謝罪は一切ない。
また編集に携わってくれた鈴木祥二郎に対しても、感謝というよりは、
「アンタ、スズキ祭のときに獅子のカツラ作ってあげたの誰やと思っておるのん」的な恩着せがはんぱなかった、と、スズキの直近は言う。

まあそんなこんなで出来上がったCHIHOライヴ予告編Vであるが、このVによりCHIHOが元来のレトロなナンバーに加えて、アリシア・キースのempire state of mindであるとか、ピチカートファイヴの東京は夜の七時であるとか、真夜中のドアであるとか、なかなかにPOPSな曲目リストでソロライヴに臨むことなどが浮き彫りになってきた。特にempireは予告編Vの中にも一部使用されており、仕上がりが楽しみな空気感を漂わせている。

また気になるチケットの売れ行きであるが、記者がJZ Bratに問い合わせてみたところ、実に8割方のチケットがすでに完売しており、この予告編Vの公開によりそれは9割に達するみこみであるとのこと。
「どうせギリギリでもなんとかなるだろう」と熊田の売れない時代が染みついている古くからのファンは、意外に今回は早めに予約をしたほうがよいのかもしれない。

売れないチケットに泣いた熊田の時代は完売を怖れるCHIHOの時代へ変貌しつつある。

時代は変わっているのだ、CHIHOは「今」なのだ、と、APの広報は驚きと吐息を籠めてつぶやく。
愛を籠めるのは花束、吐息を籠めるのは驚きである。

ーAP新聞深読みコラムー

予告編Vはこちら!

| | コメント (0)

2013年4月27日 (土)

CHIHO Around the world !?

Img_7860

Img_7859

Img_7852

| | コメント (0)

2013年4月24日 (水)

AP新聞4/24

923292_454687227951458_901503778_n
AP新聞によると、CHIHO初のソロライブのflyerのCHIHOの胸元の露出が余りに艶めいているため、悶絶⇒直視できない、という感情にかられて、フライヤーの胸元を折りあげてしまう男性が多発しているとのこと。

この案件に関してArtisticPantie(以下AP)主宰のモカティーナ氏は「わたしは関与しておらず詳細は知らない気がする、それよりもまもなく自身の連載、FDFの第二話が掲載されるので、熊田の胸元よりもそちらに注目していただきたい」と自分押しのコメント。

しかしFacebookによると、フライヤーのデザインを担当したacco氏が、CHIHOに「もっと色っぽいフォントはないか」と要求され「だったらもう脱ぐしかない」と返事をしたという旨の投稿をしており、そこからも悩殺へ向かう確信的なベクトルはあったのかもしれない、しかし、多発ではない、公開収録に参加したファンはみなCHIHOの胸元にさしたる興味は抱いていなかった、むしろ彼女の音楽性の新しい可能性に強く興味を抱いていた、と、予告映像公開録画に参加したフクロウのモロゾフ氏は言う。

掲載された写真は、数日前に乃木坂のオウルウェイズというお店で発見されたもの。
CHIHOと親交がある知人のH坂氏が、遊び心で提案し、実際に折り上げたのはスギタという従業員である、H氏は悩殺など一ミリもされていなかったと、店長のキッチンイトウはそう証言している。また店の代表であるR子氏は「うちはイチゲンサン入れてないけん」と、入口で記者をシャットアウト、その後R子さんに「ホタルイカ食べる?」と優しく扉越しに話しかけては貰えたものの、そら豆が苦手な当記者は「ときめき春プレートを注文しないならこれ以上話さない」とキッチンイトウに蔑まれ、ついに真相を解明することはできなかった。

従業員のスギタと、AP主宰のモカティーナはコインの裏表と言っても過言ではない付き合いのはずだが、モカティーナ氏は「何も訊いていない、HP」と、関与を否定している。言葉尻に添えられたHPに関しても謎が残る。

当然のことながら、大スタアであるCHIHOからは何もコメントを貰えなかった。CHIHOは「わたしはまだあまり人間のファンを獲得していない」と、大スタアを否認。なんでも親友であるムーミンとかいう女が勝手に自分をスタアに仕立てあげているのだとかなんとか。

ともあれ数日後にオンエアとなる、予告編Vを見れば、なにかがわかるのかもしれない、と、当記者は考えている。

熊田千穂がCHIHOとクレジットを変え、最近のヒットソングも歌うというこの流れと胸元になにか因果関係があるのか、注目が集まるところだ。
なお、折上がっていないフライヤーの原本は、モカティーナ、熊田千穂のブログ、Facebookで確認することができる。

ーAP新聞深読みコラムー

| | コメント (0)

2013年4月22日 (月)

CHIHO初のソロライヴへ!(AP新聞 4/22)

Img_7913_2

533756_461956480551134_246292266_n

[ 以下、熊田より pencil]
GW明けの5/8に渋谷でライブをします。
自分で主催するのはちょうど1年ぶり、昨年5月JZBratでの熊田千穂と銀座キラ星カルテット「The Music Travels Around The World」以来です。
今回はキラ星でのステージではなく、タイトルは
CHIHO 「MODERN GIRL」です。

これまで「自分!」を押し出すというより「バンド全部を見てちょうだい!!」というスタンスでやってきていて(キラ星の時は特に)、
それは何よりもメンバーに恵まれているからであり、そして私自身がどこか舞台っぽいような芝居っぽいような音楽の見せ方がとても好きだからなわけであり、そこに何の迷いもないのです。

でも今回は自分がずいっと、前に出てみようと思います。
(もう充分出てるよ!!って言われたらそれまでなんですが(;一_一))

フライヤーもこのような感じで、みんなにびっくりされています。
写真はHiroyuki Seo デザインは加藤章子です。

昭和初期なジャズソングはもちろん歌います。
それに加えてスタンダードジャズナンバー、それから、これまであまり歌う機会のなかったPOPSを少し。
私の本来の無節操な(音楽に関して、ですよ)部分をがちがちに固めて整えようとするのはやめて、ステージに立ってみたいと思います。
今まで「熊田ってこういう曲は歌わないの?」と思ったり言ったりしてくださっていた方にはもしかしたら「そう、こういう事よ!」と言ってもらえる、かも、しれません。
そこは開けてみないとわからないのだけれど。

ピアノ・ベース・ギター・ドラムのベーシックな編成です。
メンバーに恵まれる幸運を持っているようです、
すばらしい音楽家達とご一緒します。

CHIHO 「MODERN GIRL」 渋谷・JZBrat
熊田千穂(vocal)
田窪寛之(piano)
梅田和利(guitar)
安田幸司(bass)
柴田 亮(drums)
Open 17:30
1st:Start 19:30
2nd:Start 21:00
Live System 入替なし
(入替えなしで2ステージご覧いただけます、内容は2ステージとも違います)
予約¥3,500 当日¥3,800
ご予約受付開始しております!

・JZBrat 電話予約 → 03-5728-0168(平日15時~21時)
・JZBratサイトからもご予約頂けます。

| | コメント (0)

2013年4月20日 (土)

とみやすが広告に!(AP新聞 4/20)

Img_7928

537377_10200324115278984_1260584846

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

Img_7862

Img_7857

| | コメント (0)

2013年2月22日 (金)

中島桃果子氏、新連載スタート

Img_7856

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年Ⅱ

Img_7916
(右から、作品モデルのnecomi,撮影のAve.K,モカティーナ)

Img_7906

Img_7907

| | コメント (0)

謹賀新年

Img_7855

今年もArtisticPantieをよろしくお願いいたします!!!

| | コメント (0)

«December 2012